MENU

PMSの症状は?

生理前症候群であるPMSの症状は様々で、その程度にも個人差があります。

 

まず、PMSの主な原因は体内の女性ホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンには女性らしい体つきにする卵胞ホルモンと妊娠を促す黄体ホルモンの2種類があります。

 

このホルモンバランスが生理2週間前になると変化するため、体に様々な影響が現れるのです。

 

それらの症状は主に2種類に分けられます。吐き気や頭痛、倦怠感やむくみ、のぼせなどといった身体的症状と、イライラやひどい落ち込みなどの鬱、情緒不安定などの精神的症状です。

 

なぜこのように様々な症状が出るのかというと、女性ホルモンには色々な作用があるからです。

 

卵胞ホルモンには女性らしい体つきにする他にも、自律神経を整えて気持ちを明るくしたり、代謝を促進する作用があります。

 

また、黄体ホルモンは妊娠をサポートする作用があるため、体温を高めたり、水分を保持しようとしたり、食欲を増進させる作用があります。

 

そしてこれらのホルモンバランスは通常は卵胞ホルモンの方が分泌量が多いのですが、生理2週間前になると黄体ホルモンの分泌量の方が多くなります。

 

そのためPMSの症状にのぼせやむくみなどがあるのです。また、自律神経をコントロールする卵胞ホルモンの乱れにより、頭痛などの体調不良を起こしやすくなるのです。

 

さらにこのホルモンバランスは生活習慣やストレスの影響を受けます。喫煙や睡眠不足、乱れた食生活は症状を悪化させます。そのため、PMSには個人差があるのです。

 

ですから、PMSで悩んでいるならまずは生活習慣の見直しが必要です。また、辛い症状の改善にはホルモンバランスを整えるピルなどのホルモン剤やサプリメントが有効です。