MENU

生理前に効く薬

生理前のつらいPMSの症状に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

 

私も長年悩まされており、生活に支障をきたしてしまうほどのつらさで仕事を休んでしまうこともありました。

 

私の場合は、イライラする、集中力がなくなる、憂鬱な気分になる、むくみやすくなる、便秘になる、ニキビや肌荒れが生じる、肩こりや腰痛が起こる、体がだるいなどの症状が出てしまいます。

 

年々症状が重くなってきており将来への不安を抱くようになったので、生理前に効く薬を試してみることにしました。

 

排卵後に分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンが優位になり女性ホルモンのエストロゲンが劣位になることがホルモンバランスの乱れにつながり、それがPMSのつらい症状に結び付いてしまうので、エストロゲンに似た働きをする成分である大豆イソフラボンや自律神経の乱れを整える効果がある漢方薬などが配合されている薬を毎日の習慣として摂取しました。

 

生理が終わった直後から摂取し始めて、次のPMSの症状があらわれる時期に備えました。

 

その結果、生理前の心と体の不調が見事に解消されてとても快適に過ごすことができるようになりました。

 

長年の悩みが解消されてとても楽になりました。これからも生理前に効く薬を摂取し続けて積極的にPMS対策をしていきたいです。